1. TOP
  2. 令和2年7月13日 厚生労働省事務連絡 外部研修実施方法の特例発出

令和2年7月13日 厚生労働省事務連絡 外部研修実施方法の特例発出

事務連絡の要旨

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策の一環としては、いわゆる「三つの密(①密閉空間②密集場所③密接場面)」が重なる状況を避けること等の注意喚起がなされている状況を踏まえ、「登録販売者の資質の向上のための外部研修に関するガイドライン」における研修の取り扱いの特例を次の内容で認める。

外部研修の形式については、新型コロナウイルス感染症の感染が収束するまでの間、感染予防の観点から、

1. 集合研修に代えて遠隔講座・通信講座による研修等を実施することにより、遠隔講座・通信講座による研修等の時間数が集合研修の時間数を超えても差し支えないこと。
2. 遠隔講座・通信講座により研修等を実施する場合であっても、研修等の内容等については、ガイドライン又は既存配置販売業者研修通知に掲げる事項を遵守した上で実施すること。
3. 集合研修を実施する場合は、実施地域の感染状況を十分に踏まえ、基本的な感染防止策を講じること。
4. 登録販売者に対する外部研修の自主点検について(平成 29 年8月 24 日付け厚生労働省医薬・生活衛生局総務課事務連絡)についても、上記と同様の取扱いとすること。

となっております。