1. TOP
  2. 未分類
  3. 【受付終了】大阪府 令和6年5月開講 登録販売者養成科 

【受付終了】大阪府 令和6年5月開講 登録販売者養成科 

 2024/03/26 未分類  

登録販売者について

登録販売者とは

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局や店舗などで一般用医薬品の販売ができる医薬品販売の専門資格。いわば「薬のスペシャリスト」です!
お客様の症状に適したお薬のアドバイスをしながら薬の成分や効能説明、副作用など注意すべき情報を伝えるとても大切な役割を担っています。

登録販売者がますます注目

セルフメディケーション
国から自分の健康は自分で責任を持つことが求められてきています。また、国としても怪我や病気になった際に自ら医薬品を使用して治療に努める『セルフメディケーション』を推進する動きがあります。これまで以上に医薬品に関してのリスク管理がとても重要になっていくことが予想され、医薬品知識がある登録販売者はますます重要視されています。

オーバードーズ問題
近年、若者を中心に薬物過剰摂取により救急搬送がされるケースが急増し深刻な問題となっています。
登録販売者が市販薬を販売する際に、法令や倫理に基づき、商品に関する正確な情報を提供する事により未然に防ぐことが出来ます。若者の健康を守り、社会全体での意識向上を促進する重要な役割となっています。

登録販売者養成科、募集について

募集要項
募集期間
令和6年4月4日(木)~令和6年4月23日(火)
事前説明会
①4月11日(木)13:30~14:30 ②4月15日(月)10:30~11:30
選考日 
令和6年5月2日(木)(選考方法:筆記試験、面接試験)
選考結果通知
令和6年5月13日(月)
訓練期間 
令和6年5月27日(月)~令和6年8月26日(月)(10:00~16:30)
定員   
25名
自己負担額 
テキスト代10,000円(税込)のみ(受講料無料!)
詳細・お申し込みについてはA´ワーク創造館のサイトへ

訓練カリキュラム

医薬品販売者として従事するうえで必要な基礎知識や接客方法などを身に付けられるように、「ドラッグストアの業務知識」や各種「演習」の授業を設定しています。
訓練で医薬品販売の基本を身に付けたうえで就職して実務経験を積み、将来的に登録販売者として働くことを目指せる内容となっています。
スペシャリストとして活躍するための第一歩を踏み出すのに最適な訓練です。

学科
医薬品に共通する特性と基本的な知識
18時間
人体の働きと医薬品
24時間
主な医薬品とその作用
66時間
薬事関係法規と制度
18時間
医薬品の適正使用と安全対策
36時間
ドラッグストアの業務知識
30時間
就職支援
12時間
実技(事例検討・グループワーク・ロールプレイ等)
医薬品販売総合演習
90時間
薬害防止総合演習
12時間

お申し込みの流れ

▼まずはハローワークへ!
訓練のお申し込みはハローワークで行います。まずは求職者登録を行い、その後、訓練受講相談(複数回)をする必要があります。

▼選考試験の予約を訓練実施機関へ!
ハローワークで訓練の受講が認められたら、訓練実施機関へ選考試験の予約を入れてください。
予約はコチラ→06-6562-0410 A´ワーク創造館 担当:森田

就職支援体制(有料職業紹介事業 厚生労働大臣27-ユ-301851)

経験豊富なキャリアコンサルタントが受講生一人一人を個別に担当し、みなさんの就職活動をサポートします。また、薬剤師との連携により、ドラッグストアを中心とした多様な求人紹介が
可能です。

実績

主な就職先(2022年度・2023年度)
・オーエスドラッグ(30代・男性)
・オーエスドラッグ(60代・男性)
・クスリのアオキ(40代・女性)
・クスリのアオキ(50代・女性)
・ゲンキー(40代・男性)
・コクミンドラッグ(60代・女性)
・ココカラファイン(30代・女性)
・スギ薬局(20代・女性)
・スギ薬局(30代・女性)
・ドラッグミック(40代・男性)
・ドラッグミック(40代・女性)
・ドラッグユタカ(20代・男性)
・メロディー薬局(40代・男性)

より詳しく知りたい方は事前説明会へ

▼令和6年4月11日(木)13:30~14:30
▼令和6年4月15日(月)10:30~11:30

説明会の予約はこちら↓
「氏名」「電話番号」「管轄ハローワーク名」をお伝えください。
TEL:06-6562-0410
MAIL:office@adash.or.jp
A´ワーク創造館 担当:森田

訓練実施機関・施設

有限責任事業組合 大阪職業教育協働機構

詳細・お問い合わせをこちらから

〒556-0027 大阪市浪速区木津川2-3-8
A´ワーク創造館 2階 A‘ホール

登録販売者になるには

都道府県ごとに実施しています「登録販売者試験」を受験をします。実務経験、学歴や年齢も関係なく受験ができます。
合格しましたら、勤務先である都道府県に対し「販売従事者」を申請を行い「販売従事登録証」を発行しもらう流れとなります。

登録販売者資格を取得した後は

登録販売者資格を取得後は「登録販売者に対する研修の実施要領」に沿った継続的研修(外部研修)の受講が義務とされております。

さまざまなアドバイスや対応ができるよう医薬品登録販売者として日々の自己研鑽が必須です。

大阪府における唯一の「医薬品登録販売者」の団体、「大阪府医薬品登録販売者協会」は「登録販売者に対する研修の実施要領」に則った登録販売者の継続的研修を開催しております。
資格取得後は当協会の継続的研修のご受講をお勧めしております。

協会・登録販売者継続的研修詳細は
(一社)大阪府医薬品登録販売者協会のホームページはをご覧ください

 

関連記事

  • 令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になります! 店舗での価格表示にご注意ください。

  • 医薬品過剰摂取問題:”オーバードーズ”への対応策、市販薬乱用を防ぐには

  • 奈良県(令和4年・2022年)登録販売者試験 合格発表

  • 「研修省令」について|登録販売者外部研修

  • 少し早いですが!!!12月は大阪府献血推進月間となっております!

  • 登録販売者外部研修会-(一社)大阪府医薬品登録販売者協会