1. TOP
  2. 未分類
  3. 【OTC医薬品の選び方】妊婦や授乳婦に販売できる花粉症の薬は?登録販売者としてどう対応するべきか?

【OTC医薬品の選び方】妊婦や授乳婦に販売できる花粉症の薬は?登録販売者としてどう対応するべきか?

 2021/03/22 未分類
この記事は約 6 分で読めます。 46 Views

【OTC医薬品の選び方】妊婦や授乳婦に販売できる花粉症の薬は?

1.妊娠中・授乳中だけど花粉症がつらい!薬は飲んでいいの?

妊娠や授乳の時期と花粉症の季節がかぶってしまい、
毎日のように鼻水やくしゃみ、鼻づまりなど不快
な症状に悩まされている方は少なくありません。
とくに妊娠中は粘膜が充血しやすいため、
鼻粘膜が腫れて鼻づまりが起こりやすいものです
私も妊娠期間と花粉症の時期がかぶり、
とてもツライ思いをしました。
非妊娠時と比べて明らかに鼻づまりの症状が
ひどく出たのです。
あまりに症状がツラく夜に何度も目が
覚めてしまうため、ドラッグストアへ花粉症の薬
を買いにいくことにしました。

しかし、案の定「かかりつけ医に相談するか、
耳鼻科を受診してください」
と言われる始末。
店舗の方針で妊婦や授乳婦が来たら受診を
促すようにしていることもあるようですが、
これでは今すぐ症状を改善したくて足を運んだ
妊婦や授乳婦は救われません。

OTC医薬品でも妊婦や授乳婦が使える薬は
いくつかあるので、状況に応じて紹介できるように
しておく必要があります。
もちろん使える薬の中にも使用に注意がいるもの
もあるので、薬の向き不向きも併せて知って
おくことが大切です。

また一般に妊婦や授乳婦に病院で処方される薬と
同じ成分のOTC医薬品であっても、注意書きに
「妊娠中の服用は控えてください」と
書かれているものがあります。このような注意書き
があるものは、いくら安全性が評価されている成分
であっても残念ながら販売は推奨できないことも
頭に入れておかないといけません。

2.妊婦や授乳婦にも販売できる花粉症のOTC医薬品

では妊婦や授乳婦が花粉症の薬を求めて
ドラッグストアに来た場合、どのようなOTC医薬品なら
勧められるのでしょうか。

●レスタミンコーワ糖衣錠¹⁾【第2類医薬品】

主成分としてジフェンヒドラミン塩酸塩が配合
された飲み薬です。ジフェンヒドラミンは
オーストラリア医薬品評価委員会の評価でAと
なっており、服用しても先天異常に影響しない²⁾
ことが確認されているため、妊婦でも服用できます。
また国立成育医療研究センターが公開している
「授乳中に安全に使用できると考えられる薬³⁾」
にも記載があります。ただし添付文書上で
「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用
する場合は授乳を避けてください」
となっているため、授乳中の方に販売する場合は
授乳を控えるよう伝えましょう。

またジフェンヒドラミンは第1世代の抗ヒスタミン薬
なので、眠気や便秘の副作用が出やすいことに注意
しなければいけません。
妊娠中は大きくなった子宮で腸が圧迫されたり、
黄体ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなったりして、
ただでさえ便秘しやすい状態です。
そのため便秘がちの方にはあまり向いていません。

●クラリチン®EX⁴⁾【第2類医薬品】

第2世代の抗ヒスタミン薬であるロラタジンを配合
した飲み薬です。オーストラリア医薬品評価委員会
の評価ではB1となっており、妊娠中に服用しても
先天異常に影響がない²⁾ことが確認されています。
また、こちらも国立成育医療研究センターが
公開している
「授乳中に安全に使用できると考えられる薬³⁾」
にも記載があります。

ただしジフェンヒドラミンと同様に添付文書上では
「授乳中の人は本剤を服用しないか、
本剤を服用する場合は授乳を避けてください」
と書かれているため、授乳中の方へ販売する際は
授乳を避けるよう伝える必要があります。

●アレグラ®FX⁵⁾【第2類医薬品】

第2世代の抗ヒスタミン薬であるフェキソフェナジン
を配合した飲み薬です。
オーストラリア医薬品評価委員会の評価ではB2
となっており妊娠中に服用しても先天異常に影響が
ない²⁾ことが確認されています。
便秘や眠気などの副作用と症状を抑える効果の
バランスが取れているため、今回紹介したOTC医薬品
の中でも勧めやすい薬と言えるでしょう。

国立成育医療研究センターが公開している
「授乳中に安全に使用できると考えられる薬³⁾」
にも記載があるため、授乳中の服用も可能です。
ただし、こちらも残念ながら添付文書上では
「授乳中の人は本剤を服用しないか、
本剤を服用する場合は授乳を避けてください」
と記載があるため、授乳中の方へ販売する際は
授乳を控えるよう伝えなければいけません。

3.妊婦や授乳婦に花粉症の薬を販売するときの注意ポイント

妊娠中の場合は、全身移行性の少ないステロイドの
点鼻薬が治療によく使われています。
しかし市販で購入できるステロイドの点鼻薬は
添付文書上で妊婦への使用が制限されているもの
ばかりです。
あえて使用できるものを挙げるならばプレトニゾロン
が配合された「コールタイジン点鼻薬a⁶⁾」があります。
しかし、こちらは血管収縮剤のテトラヒドロゾリンも
含んでいるため、おなかが頻繁に張る方には推奨
できません。
そのため点鼻薬を希望される妊婦が相談に来られたら
場合は耳鼻科への受診を推奨するのがベターでしょう。
授乳婦の場合は、添付文書上での制限が
ゆるやかになるため、先程のコールタイジン点鼻薬a
やベクロメタゾン配合したコンタック
鼻炎スプレー⁷⁾などが販売の候補となります。

4.花粉症の薬を販売するときの伝え方のコツ

一般に妊婦や授乳婦の使用が安全とされている成分
でも、OTC医薬品の場合は添付文書上で服用が
制限されている場合が少なくありません。
安全が確認されているからといって添付文書上で
服用が制限されている薬を販売してしまうと
万が一副作用が出た時に医薬品副作用被害救済制度
の対象外となってしまう可能性があります。
そのため治療にもっとも適していると考えられる薬
でも販売できないことが多いものです。
妊婦や授乳婦へ販売できる花粉症の薬はOTC医薬品
でもありますが、治療できる範囲に限度があるので
症状がツライ場合は耳鼻科にかかった方が適切な
薬を処方してもらえることを伝えてあげましょう。
また市販薬だとどうしても「服用中は授乳を避ける」
ように記載されている薬が多くあります。
とはいえ「授乳をさけて」と伝えるのは簡単でも、
実際に授乳をやめるのは簡単なものではありません。
授乳婦のこを考えると、
「授乳をさけて」
よりも
「耳鼻科を受診してください」
のほうが助かる場合があることも頭に
入れておきましょう。

(大阪府医薬品登録販売者協会 会報60号)

 

\ SNSでシェアしよう! /

登録販売者のオンライン研修・Eラーニングなら大阪府医薬品登録販売者協会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

登録販売者のオンライン研修・Eラーニングなら大阪府医薬品登録販売者協会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 令和3年4月1日より、税込価格の表示(総額表示)が必要になります! 店舗での価格表示にご注意ください。

  • 【OTC販売まめ知識】花粉症薬 アレルギー薬 製剤別 接客ワンポイントアドバイス

  • 【OTC販売まめ知識】花粉症薬 アレルギー薬 製剤別 有効成分の特徴 

  • 【関西広域連合】登録販売者試験の申請先が変わります!(大阪府と京都、兵庫、滋賀、和歌山、徳島)

  • セルフメディケーション