1. TOP
  2. 未分類
  3. 【登録販売者 まめ知識】セルフメディケーションに適したステロイド外用剤の活用

【登録販売者 まめ知識】セルフメディケーションに適したステロイド外用剤の活用

 2021/07/21 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 29 Views

梅雨明けを迎え、自然と触れ合う機会が増える夏場シーズンのスキンケア対策に向けてステロイドを紹介したいと思います。
湿疹・皮膚炎は治療におけるセルフメディケーションは、なるべく早い段階で炎症を強く抑え、症状が悪化するのを防ぐことがポイント。
初め段階で十分な抗炎症作用を持つステロイドの外用剤をつかい、症状がおさまるにつれて効き目の弱いものに変えていく「ステップダウン療法」が最も効果的とされています。


一方「ステロイドは怖い、使いたくない」と頑なに拒否される傾向も少なくないが、その根底にはリバウンドやステロイド依存に対する誤った情報や、内服による全身性の副作用が概要で起こるなどの誤解も多いです。
そうした場合、安易に非ステロイドを選択したり、痒みにとらわれて鎮痒薬を使用していることで、本来すべき治療がなされていないケースも散見されます。
短期間でも掻き痕を残さず症状を治めるセルフメディケーションにむけて、薬局やDgsの登録販売者は正しい情報提供で理解に努めながら、はじめのうちに切れ味の鋭いステロイド外用剤を使用するという選択をサポートすべきと言えます。
OTC薬で最も効果の強いストロングランクの外用ステロイドである成分「フルオシノロンアセトニド」の優れた抗炎症作用により、炎症の悪化サイクルを断ち、赤み、腫れなどの炎症をを抑えます。
また、掻き壊しや化膿した部分にもつかえる抗生物質が配合されているステロイド剤が、適切なステップダウン療法が実践できるセルフメディケーション支援に適したOTC薬として推奨されます。
登録販売者は適切な使用方法についてお客様にご案内ができるようこれからも正しい知識を身につけてもらいたいと思います。

**********************************

さまざまなアドバイスや対応ができるよう医薬品登録販売者として日々の自己研鑽が必須です。

大阪府医薬品登録販売者協会は厚生労働省ガイドラインに則った登録販売者の外部研修を開催しております。
外部研修受講は義務化となっておりますので、当協会の外部研修のご受講をお待ちしております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大阪府医薬品登録販売者協会は厚生労働省ガイドラインに則った登録販売者の外部研修を開催しております。
外部研修受講は義務化となっておりますので、当協会の外部研修のご受講をお待ちしております。

厚生労働省ガイドライン登録販売者外部研修
外部研修会詳細・お申込みは

医薬品登録販売者外部研修/生涯学習研修会
医薬品登録販売者オンライン外研修/eラーニング研修

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一般社団法人 大阪府医薬品登録販売者協会

 

\ SNSでシェアしよう! /

登録販売者のオンライン研修・Eラーニングなら大阪府医薬品登録販売者協会の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

登録販売者のオンライン研修・Eラーニングなら大阪府医薬品登録販売者協会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【関西広域連合】登録販売者試験の申請先が変わります!(大阪府と京都、兵庫、滋賀、和歌山、徳島)

  • 【登録販売者 OTC医薬品の選び方】妊婦や授乳婦に販売できる花粉症の薬は?登録販売者としてどう対応するべきか?

  • 【登録販売者 OTC販売まめ知識】花粉症薬 アレルギー薬 製剤別 接客ワンポイントアドバイス

  • 【登録販売者 まめ知識】OTC胃腸薬市場②

  • 【登録販売者 まめ知識】痔について~相談しやすい案内・対応の心がけ~ 

  • 【登録販売者 OTC販売まめ知識】花粉症薬 アレルギー薬 製剤別 有効成分の特徴